金属・メタル製造工程

企画・デザイン・原型製作

⑴ お客様に頂いたデザインデータもしくはラフ案から、弊社のデザイナーがキーホルダーのデザイン案に清書します。

⑵ パソコンと専用ソフトで、デザイン入稿用にデータ化します。

⑶ デザインデータを元にカタチを切り出します。

⑷ 熟練の職人が手作業で細部の型成形を行います。

⑸ ハートの型が出来ました。くぼみは後にラインストーンを嵌めるためのものです。

製造・生産

⑴ 円盤状のゴム型で上下から原型を挟みます。

⑵ 圧力をかけながら熱を加えることでゴムを硬化させます。

⑶ ラバーに原型の型がとれました。

⑷ 鋳造時にゴム型を回転させ遠心力を加えることにより、微細な形状の鋳造を可能にしています。

⑸ 鋳造されました。

⑹ このように同じ形の物を大量生産することが可能です。

⑺ 特殊な石の中に入れて回し、磨いていきます。

⑻ 汚れを洗い流しました。

塗装・検査・完成

⑴ メッキをコーティングします。光沢のある仕上がりになりました。

⑵ 必要に応じて、クリヤーなどの塗装を行います。

⑶ ラインストーンをひとつひとつ接着していきます。

⑷ 金属製キーホルダーの本体部分の完成です。

アクリル製造工程

⑴ データ作成

デザインデータを元に印刷・レーザーカット用のデータを作成します。

⑵ 印刷

プリンターにアクリル板をセットし、印刷開始

⑶ 印刷中

印刷と同時にUVライトを照射してインクを硬化させ、定着させます。

⑷ 印刷完成

印刷が出来上がりました。

⑸ レーザーカット

印刷したアクリル板をレーザー彫刻機にセットします。

⑹ レーザーカット中

カメラが付いているので印刷に沿ってレーザーカットを行うことができます。

⑺ 完成

レーザーカットが終わると、後加工、検品を経て納品されます。

革製造工程

⑴ 裁断

一枚皮を作業のしやすい大きさに裁断する作業

⑵ 型抜き

キーホルダー(楕円や丸)などの形を抜き型で抜く作業

⑶ ミシン

縫い合わせやステッチを入れる作業

⑷ 箔・型押し

箔・型押し

革にロゴなどを入れる作業

PAGE TOP